pickup
突発休みで人がいない!→ クソ上司の対応がこちら
スポンサーリンク

 

言えない環境ってつらいよね

 

とある業務を、AさんとさんのB二人が担当している。

突発休みの職員が重なり、人手不足に陥った現場。

 

うちの上司の采配は、

『Aさん、今日は一人でやってね♪Bさんは突発休みの対応してもらいます。』

※とある業務は、精度よりスピード重視すればなんとか一人でギリギリまわる。

 

 

クソ上司はバックアップの指示を一切しなかったので、Aさんは2週間の間、一切休憩が取れない日々を送った。

で、Aさんの頑張りで業務は滞りなく進み、無事終了した。

 

Aさんから聞いた話だとクソ上司は、任せた仕事量は大変だとすら思っていない様子(二人分なのに)

なので、「心配する」という概念がなかった。昼休憩を取れないかもという想像もしていないので、当然勤務管理に反映されていない。下手すると感謝すらされてない。ひどい……。

もしかしたら、こんな話はそんなに珍しい話じゃ無いのもしれない。クソ上司の配慮が足りなかっただけよいう話しだから。気づかれてないなら自分から言いに行けよと。

 

うちの職場の、もうちょっと深い闇はここから闇はここから。

 

これはありえないと思ったので僕はAさんに、『休憩取れなかったのを報告しよ?。』と言ったのだけど、『………』と沈黙。

やっぱとそうだよな、と落胆。

時間外削減するのが使命とばかりに張り切るクソ上司に、実務時間が増える様なことを言うと、

 

  • 分単位で空き時間なかったの?
  • 5分を積み重ねれば休憩1時間
  • 工夫が足りてないのでは?
  • どうして助けを呼ばなかった?
  • できるというから任せたのに

 

こうなる。めっちゃ詰められる。反論できない人は、言いくるめられるのがわかっているので、交渉するというカードすら無い。お礼を言われるどころか説教される。

こんな感じで、結果が見えてるから、多くの人が諦めてしまう。

 

『オレから言おうか』とも言ってみたけど、波風立てたくないのだろう。断られた。

 

当たり前の事を当たり前に言える環境で働きたいなぁ。。。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事