pickup
ガンダム 水星の魔女プロローグの感想。【強化人間・アーマードコア】
スポンサーリンク

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

機動戦士ガンダム、令和初のテレビ新シリーズとのこと。

た、高まる。

 

……というか、鉄血のオルフェンズの放送開始が2015年だから、けっこう間隔空いてるのだな。

7年ぶりの新シリーズに胸躍る。

 

プロローグはHuluで見れるので、無料お試ししたことなければ、今すぐ見るべし。

9月25日にテレビ放映、9月29日からはAmazonプライムなんかでも観れます。詳しくは公式へ。

 

 

起動実験から始まる『水星の魔女』

 

プロローグは、ガンダム ルブリスの起動実験から始まる。

うまく適合せず、起動実験は失敗に終わる。ただの起動実験とは様子が違うっぽいのは、パイロットに負荷がかかっているところ。エヴァンゲリオン的に言うと、シンクロ率のことだと思われる。

 

『ガンド・フォーマットの健全性を、早く証明しないと。』

 

つまり、動かなかったり、危険があったり。するのだろう。

オルフェンズの、阿頼耶識システムに近い感じなのかな。

 

 

学園モノと聞いていたから……。

 

学園モノの新ガンダムシリーズという噂を耳にしていたので、もうちょっとポップな感じのストーリー設定なのかと思いきや、いきなり闇が深かった。

 

生身と直接リンクするガンド・フォーマットというシステムを搭載したモビルスーツを、『ガンダム』と呼称するらしい。

このガンダムの開発をめぐって、MS作ってる企業や、モビルスーツ評議会が、オックスアース社に対して「NO」を突き付けている。

 

で、

 

モビルスーツ開発評議会
『ガンド・フォーマット、倫理的にアウト!とりあえず、ここのラボの全員、皆殺しな』

 

と、主人公スレッタ(エリー)は、4歳の誕生日に襲撃に会ってしまい、両親も家も失う事になる。かなりヘビーな生い立ち。

スレッタという偽名を使っているのも、この辺が理由なのかな。

 

 

それにしても……。

ストーリーは主人公側から語られるから、観ていると、ガンド・フォーマットを肯定する立場のキャラばかり。

医療行為の発展系として『ガンダム』ができたというのもあって、受けるイメージは、そんなに悪くない気もする。

しかし、これ、歴代のガンダムの世界観と照らし合わせると、強化人間とかに近いのだよな。

 

たぶん、ガンダム開発の経緯で被害あった人↓

 

……その、ね。。これはアカン。。。

 

アーマードコアのデザイナーが関わってる件。

 

ちょっと話はズレるが、メカニックデザインに、アーマードコアを手がけた方が数名いるとの事で、ゾクゾク。

 

海老川兼武さん

稲田航さん

柳瀬敬之さん

 

と、なんと3人もいる模様。うはー-、興奮!

ACっぽいガンダム出て来ないか、と、今から楽しみでならないです。

 

ところで、ガンダムエアリアルのデザイン。

 

Gセルフとエクシア足して割った感じに見える。

 

かっこよい。

かなり好きかも。

 

というわけで、10月2日の本編放送開始が待ち遠しいです。

楽しみに待ちます。

 



映画評論・レビューランキング

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事