イチオシ記事
折りたたみキーボード選び。3つまで絞った。【ワイヤレスキーボード】
スポンサーリンク

 

 

『ポケットに忍ばせておいて、ちょっとしたスキマ時間にスマホで文字打ちしたいぜっ。』

……というので、キーボードが欲しいんです持ち運び便利で手軽に使えるやつ。

ネットで調べてみたところ、安価で良さげなのがたくさんあった。全然選びきれないの。困った。

 

一日かけてリサーチ。レビューサイトやらYouTubeやらで調べまくって、やっとこ三つにまで絞りました。いやぁ。どうしよう。笑

 

今のところ、大本命はこれ。

二つ折りで、広げると、まぁまぁな大きさ。YouTubeで使ってる動画を見たけど、普通のキーボードにより少しサイズダウンしたくらいの大きさ。いつも使ってるサイズに近い+持ち運び便利という、一番ちょうどいいバランスに見える。おまけに、静音設計で、そこまでカチャカチャうるさくないっぽい。スタンドも付属されてる。

 

 

第二候補。

折りたたんだら、めっちゃ小さい。

 

 

こんなに小さくなるの!?…というくらいコンパクトになる。携帯性でこのキーボードに勝るのは無い気がする。

スマホスタンドが内臓されているので、スタンドを持ち運ぶ必要もない。スマホ本体の固定道具を持ち運ばなくていいというのは、すごく購買意欲をかきたてられる。。

ただ、本体が小さめ。

 

幅が220mmなので、Ewinのと比べると70mmも小さい。

使用してる画で見てみても、小さい感は否めない。

 

 

ちょっと小さすぎるかな?………というデメリットをぶっ飛ばしてしまうくらいの携帯性。

【小さい+スタンド内臓】の破壊力は魅力的過ぎる。

 

第三候補はこちら。

左右に分かれてるキーボード。

人間工学に基づいたつくりのキーボード。タイピング時の、手の配置などでかかる負担軽減。タイピング時の肉体的な負荷はあんまりわからないけれど、僕が注目したポイントとしては、『左手担当』『右手担当』なキーボード配置。

……というのも、僕、タイピングめっちゃ遅いんですよねww

ちゃんと覚えればいいっていう話しなのは重々承知なのですが、なかなかできなくて。。。

しかーし、この形ならば、右手が使うべきキーは右手で押すしかないので、イイ矯正になるのでは?……と。

あれです。幼稚園児くらいのこどもが『こども箸』を使う感覚です。

 

参考にさせてもらってるYouTube動画貼っておきます。

さぁ、そろそろ決めないと( ̄▽ ̄;)


※追記

 

結局これ買いました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事