イチオシ記事
オガ備長炭 VS マングローブ炭(一番よく売ってる木炭)
スポンサーリンク

オガ備長炭 VS マングローブ炭

 

『バーベキューの炭火……?

とりあえず安いの買っとけばいいじゃん。』

 

こんな認識だとしたら、いますぐ考えを改めた方が、いいです。マジです。

 

 

とある知人に、

知人
オガ備長炭使ったら、焼肉の世界観変わるで。安いのに大したもんだ。

 

と言われたのをきっかけに、オガ炭が気になり調べてみたのです。

 

 

ホームセンターでよく見かけるこの2種類の木炭の違い。

炭の種類 着火 燃焼時間 火力
オガ備長炭 しづらい 長い 強い、安定
マングローブ炭 しやすい 短い 強い、調整難

 

こんな感じでした。

(ちなみにマングローブ炭は、商品名に『木炭』って書いてて、原材料ってところに『マングローブ』って小さめに書いてます。)

 

これは、、、、、

 

気になる!!!!

 

なので、肉を焼くことにしました。(ジュージュー)

 

昨年は、焼肉コンロが壊れたのもあって、ダイソーの300円使い捨てコンロが大活躍だった。

 

一度使ったらそのラクさに感動した。

 

 

 

炭火焼肉、美味いけど、

めんどいじゃん。

 

 

本当、これに尽きるのである。

 

あ、しまった。いきなり本文の主旨と真逆の事を書いてしまった。笑

 

だけどね、オガ備長炭、気になりまくりだし、天気良いし、風もないし、お腹すいたのでコンロ買ってきました。

焼肉っす。バーベキューっす。

 

 

買ってきました!

 

わーーーい。

 

やっぱり、なんだかんだテンション上がる。

 

 

そんなわけで、オガ備長炭に着火です。

 

ファイヤー!!!

 

安定の火力、持続力に感激感涙。

 

今まで、マングローブ炭しか使ったことなかったので、やはりだいぶ勝手が違いました。

 

まず、火がつかん

 

さすが、噂通り着火点が高い。

空気が入るように積み上げて焚き付けを挟んでひたすらうちわで扇ぐ。

 

労力的には、マングローブ炭に着火する倍くらい。

必死にやってやっと火が付いた。

 

 

が、ここからがすごく良くて、快適感動だった。

 

・牛カルビ

・とりのせせり

・豚トロ

・豚のハラミ

 

焼き鳥

 

火力が安定しているので、ここまでで火が立ち昇ったり、焼き鳥の串が燃えたりすることもなかった。

 

このあと、豚ホルモンを焼いて、

 

あさり。

 

からの、マシュマロ。

 

 

ここまで、炭の継ぎ足しナシ!!!

 

すごーーーーーーい!!!

 

いつもなら、確実に2回くらい炭を足してるのに。。。。。。

 

モノや種類によると思いますが、オガ備長炭の値段は、マングローブ炭に毛が生えた程度でした。

この火の長持ちを考えると、コスパ的にも勝ってる気がします。

 

それと、煙も気持ち少なめで、終わった後の臭いも若干マシでした。(頭洗っても髪に付いた臭いなかなか消えないやつ)

 

これは……しばらくヘビーに焼肉しそうです。はい。笑

 

 

マングローブ炭しか使ったことが無ければ、おすすめなので是非試してみてくださいね(*‘∀‘)

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事