pickup
スポンサーリンク

 

ノーパンしゃぶしゃぶの実態

 

子供の頃に聞いた『ノーパンしゃぶしゃぶ』という単語。

「パンツ履いてない女の子が接客する、いかがわしいしゃぶしゃぶ屋さん」という、ボヤっとしたイメージ。

あんまり具体的に、どういうサービスなのかと詰めて考えた事も、ちゃんと調べた事もなく、今に至る。

 

ある漫画を読んで、知った。

こういう事だった。

 

 

『ぼったくりキャバクラのぼったくるほうにいた3日間』より

 

 

衝撃である。

 

なかなかのゲスっぷりですね。笑

ミニスカート履いたノーパン女子がウエイトレスしてるくらいの感じを想像していたので、それよりかなりレベルが高い。

この状態で、下からうちわで扇いだりもするらしい。乳もケツもべローン、である。

は、はれんち!

 

ぼったくりキャバクラで働いた実録マンガ、『ぼったくりキャバクラのぼったくる方にいた3日間』というマンガを読んでみました。

 

ぼったくりキャバクラのリアル

 

内容は、その名の通りで、ぼったくりのキャバクラのお話し。短いマンガですが、実録マンガは非常に興味深く、生々しいぼったくりバー事情が語られています。

知らないこと満載で楽しかった。

 

オイシイ条件に釣られてキャバクラに面接に行き、即採用されて契約書を交わしたところから悲劇は始まります。

 

日払いと即日払いの違い

 

即日払い → 実働日の当日に給与が支払われる

日払い → 締め日が一日単位で支払いは任意

 

『今日の給与ください』

「ねえよ!3日働いて、4日目に1日目の給与な。あと、3ヶ月働かないと未払い分は精算できねぇから」

『んなバカな!』

「契約書にサインしたよね?」

『.......』

 

ぼったくり価格はお店にちゃんと掲示してる

 

軽く飲食 → 会計 →『10万円になります』

という展開が、ぼったくりバー。

お客側からすれば、掲示されてない不当な高額料金を請求されるわけだ。しかし、実はちゃんとお店に金額は掲示されているらしい。

赤い照明の部屋で、メニュー表に赤い文字で『チャージ料10万円』と書かれていたり、トイレの天井に貼り付けられていたり。

これで、『金額は掲示してるのに、お客が確認不足でごねている』…というテイを作るんですね。おそろしや・・・。

 

作者のpokoさん、この手の裏話本、たくさん描かれているようですね。読んでみることにします。おもしろそう。

本作の巻末では、『うさぎさんのおしごと』をオススメされてたので、次はこれにしようっと。バニーガールしてた時の話らしいです。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事