pickup
【体験レポ】"聴く読書"の最大の特徴とは? 【Audible(オーディブル)】
スポンサーリンク

 

 

オーディオブックサービス、Audible(オーディブル)を実際使ってみて、どんな場面で活躍しているかのレポートです。

 

最大の特徴は、ズバリ

 

『見える』です。

活字本の内容を知るために本を読む。しかし、見ない。

当たり前の事を力強く書いてしまいましたが、見ないで読むという事は、他の行動に『見る』を使えるわけです。

つまり、『○○しながら』~本を読めるんです。

 

  • 歩きながら
  • 走りながら
  • 運動しながら
  • 休みながら
  • 食べながら
  • ゲームしながら
  • ノート取りながら

 

目を使わないので、普通の読書と比べると、可能時間が大幅に増えます。

 

ちなみに、僕がAudible(オーディブル)を起動してるのはこんな時。

 

とある平日の1日
  1. 7:00~8:00 通勤中の車内で(1時間)
  2. 仕事で外勤中のラジオ代わりに(1時間)
  3. お昼休み(30分)
  4. ドラクエ10のレベル上げ中(1時間30分)
  5. ノート取りながら(30分)

 

計 5時間30分

 

一日に5時間読書に時間を割くのは至難の業です。

しかし、Audible使ったらサクッとできました。嬉しい。

 

読んでる

 

僕が今読んでるのはこの二冊。

 

 

 

ブログなんてやってるので、考える力を養いたいと選んだ『パン屋ではおにぎりを売れ』と、6月の無料タイトルだった『マル暴総監』という小説の2冊です。

学びたい!!……と勉強意欲が沸いてる時は前者を。気軽に物語を楽しみたいなーと思ったら後者をチョイスしていました。

 

ちなみに、『とある平日の1日』の、⑤ノート取りながら、は、『パン屋ではおにぎりを買え』に対して行いました。

読書の技法という本で、『知識をして身に着けるには脳に定着させねばならん』と教えてもらったので、自分なりに記憶に残そうと、ノートに書き、落とし込むことをやってみました。

まだまだ研究段階です。笑

 

パン屋では~をある程度、頭に落とし込むことができたら、この本を返品して次の本をコインで交換するつもりなんですが、どれにしようか考えてワクワクしています。

字で読んだら最後まで続かなそうな分厚い本とか、難しい本とかいってみたいんですよね。

ほら、読まなくていいから最後まで聴けそうじゃないですか。挫折率低そう!……とか思ってるんですが、うまく行かないですかね。笑

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事