イチオシ記事
Windowsのシステムアップデートを最新にしてみよう。
スポンサーリンク

Windowsのシステムアップデートは最新だと思い込んでた。

 

PCをシャットダウンしようとするとたまに、『更新してシャットダウンする』……となるので、システムアップデートは常に最新でいると思っていたのだけど、どうやら違ったようで・・。確認したら僕のPCは【バージョン1903】

最新は【バージョン1909】なので、僕のPCのバージョンは一個前でした。

 

この辺、よくわかっていなかったのでちょっと調べてみました。

 

 

 

 

 

通常アップデート大型アップデート

更新の目的 セキュリティ等の細かい修正 最新版に更新、不具合修正、機能強化
頻度 1ヵ月に1回 1年に2回
更新所要時間 短い 長い
更新手段 自動更新 自動更新、手動更新
ファイルサイズ 小さい 大きい

 

なるほど。。。。小さいのは頻繁に来るのですね。

 

というわけで、早速1903→1909を実行してみようと思います。

すごい簡単だった。

 

① まず、左下のスタートボタンをクリック

② 設定をクリック

③ 更新とセキュリティをクリック

④ 更新プログラムのチェック

 

ここまでで、現在更新か必要か否かがわかるので、必要ならばそのまま指示に従って更新、です。

 

更新の必要性とは?

新機能とかいらないし、、、更新とかいらなくね?……なーんて自分なんかは思ってしまいがちなのですが、後々に発覚した脆弱性を、悪意のある第三者や不正なプログラムに攻撃され、個人情報や企業の機密情報が外部に漏洩。

そんなニュースを見かけるのは昨今ではめずらしいことじゃなくなりました。

 

また、Microsoftによるサポートが、各バージョン毎に18か月くらいだったり、と、この辺のリスクを低減させることができるので、システムは常に最新にしておいた方がいい模様。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事