イチオシ記事
鬼滅の刃23巻読破!未回収の伏線けっこうあるよね(ネタバレあり)
スポンサーリンク

 

ついに、決着。

 

僕の鬼滅の刃ファン歴は、浅い。

 

始まりは、うちの娘からだった。

 

 

娘『鬼滅の刃が人気だよ!映画観に行きたい!』

オレ『おっしゃ、映画の為にアニメ観て追いつくぜ!』

オレ『アニメも映画も、おーーーーーんもしれぇぇ!!』

オレ『映画の続きの漫画借りてきたー!』

オレ『なに!?最終巻がまだ発売されていないだと!??』

 

 

……という、完全にニワカファンのわっかけです。どうもです。笑

 

突貫で作品を読み漁って、一気に鬼滅の刃ファンになったのですが、……長かった。

ネットニュースで『鬼滅の刃完結』の報は、ずいぶん前に聞いていたの。

なので、とっくに最終巻は発売済みだと思っていたのに、22巻の最後のページが『続く』なことに唖然としたのも記憶に新しい。

 

 

主要キャラはハッピーエンド

 

命を賭して鬼退治する物語の今作。

本当に命を賭しているので、キャラクターがバンバン死ぬ。

最終決戦での戦闘死亡者率は相当だ。柱の生存数は2人。……死亡率……高し。

 

言うても少年誌だしとか、人気キャラは殺さんやろ、という、良くない大人視点で邪推して読んでしまった部分もある。だって、ドラゴンボールもワンピースも幽遊白書も、味方キャラそんな死なないじゃん。

 

……彼らの生い立ち、あまりに不幸過ぎるので、最後はどうにか報われて欲しい。ハッピーエンドで終わってほしい。……と、願いながら物語を追っていました。

 

結果的に、主要キャラは全員生存した。本当に良かった。(柱ファンに反感食らいそう)

 

23巻の、一番好きなページはここ。

 

どう考えてもヒロインなのに、炭治郎との絡みが極端に少なかったカナヲちゃん

2人が穏やかに会話してる姿が見れて、ほっこりしました。

 

カナヲに出番を!カナヲにもっと光を!!…とずっと思ってたので。

 

 

未回収の伏線、けっこうあるよね

 

鬼舞辻無惨 VS 何世代もが一丸となった鬼殺隊

という、時代を超えて続いたスケールのデカい戦いは、幕を閉じた。

……が、けっこう未回収の伏線ある……よね。

 

  • 鬼舞辻無惨を鬼にした医者は何者か
  • 痣者は短命……が、継国縁壱は80まで生きた。なぜ。
  • 赫刀ってなんじゃ
  • 鬼が藤の花に弱い理由

 

ざっと思いつく明かされてない謎。

続編やら外伝やらで、残った謎の答え合わせをぜひしてほしいのです。

是非、是非に。

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事