イチオシ記事
映画『パッセンジャーズ』を観た。後半にネタバレ感想。
スポンサーリンク

 

 

 

『パッセンジャー』という映画が面白い!……と聞き、Amazonプライムビデオを覗いたらあったんで、さっそく観てみた。

狙ったタイトルが見放題対象だと、すっごい得した気分になる。やった。笑

 

パッセンジャーズの前情報

 

【解説】
飛行機事故で奇跡的に生還した5人の乗客のカウンセリングを担当するセラピストが、不可解な事態に巻き込まれていく心理サスペンス。事故に関する事実を証言しながら次々と失踪(しっそう)する生存者たちをめぐり、スリルと謎が複雑に交錯するサスペンスフルなドラマが展開する。真実を追求するセラピストを演じるのは、『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ。監督は『美しい人』のロドリゴ・ガルシア。予想を裏切る衝撃の結末に息を飲む。

【あらすじ】
突然の電話で起こされたセラピストのクレア(アン・ハサウェイ)は、墜落した旅客機事故から奇跡的に生き残った5人の男女が抱えるトラウマ的なストレスを治療するため、担当のセラピストに命じられる。クレアは大任にやる気を見せるが、生存者の一人、エリック(パトリック・ウィルソン)は彼女のカウンセリングを拒否し……。

 

プラダを着た悪魔は見た事あったので、あー!あの人!…と。目がクリっとしててすごい美人さん。

 

  • 飛行機事故
  • 生存者の証言
  • 生存者の失踪
  • 主人公はセラピスト

 

この辺の情報から、

 

真実を暴くセラピスト VS 不正を隠ぺいする航空会社

 

が主軸なストーリーなのかな、と。

ここから、どんな展開を見せていくのか。

 

楽しみ!

 

 

 

オチを先読みしてしまった結果

 

 

飛行機墜落後、現場を絶望感たっぷりに歩くエリック。

 

 

 

 

 

え、そんなに体、平気なもんなの!??

 

……という率直な疑問。

 

主人公クレアの元に、生存者の心理カウンセリングの仕事の依頼が来ます。

セラピストとして本領発揮。

 

 

カウンセリングに集まった事故の生存者は4人。

エリックを含めて5人生存してる事になる。……あんなに飛行機バラバラなのに、よくそんなに生きてたな。。。

 

 

しかも、全員ケガも無く、肉体的にはピンピンしている模様。

……え、飛行機バラバラダッタヨ?

 

ここがどうしてもスルー出来なくて、脳裏をよぎってしまった一つの予想。

 

 

シックスセンスオチ(幽霊オチ)……では、ないよな。

 

という。

 

 

結果、

 

シックスセンスオチ(幽霊オチ)でした。

 

おっと。。。。笑

 

 

設定がちょっとフワフワ。

 

率直な感想は、楽しめました。

 

宣伝文句で、

 

ーその真相を追ってはいけないー

 

みたいな事を書いてたし、びっくりする方向に話が転がるのを期待して観ていたし。

 

が、ちょっと無視しきれないフワフワ設定の部分もあったりしました。

生前と死後の彼らの設定がアヤフヤなんですよね。死後はオリジナルストーリーなのか?…という点。

 

クレアのアパートの隣人として登場するおばさんは、すでに亡くなっているクレアのおばさんだったのだけど。

 

ー自分の死は自分で気づくべきー

 

死を気づいていない死者たちの近しい関係の、すでに死んでいる人たちが一芝居うったというのが、この映画の全貌。

 

なので、クレアのおばさんは初登場シーンでは『はじめまして!』じゃなきゃオカシイんですよね。

でも、最初からめっちゃご近所さん感出てたもん。

 

となると、彼らの死後、つまり映画本編の彼らの設定って、全部フィクションなんじゃね?…という。

や、それならそれでもいいんだけど、なんか……その辺のつじつま、合っててほしいかなーって。

 

てかクレアさん、セラピストとしてはちょっと無神経な発言多かった気がしたから、それならそれでしっくりくるんですけどねw

 

観終わってから気づいたんだけど、

 

おすすめされた映画、なんか違うかな?…と思って、よくよく思い出してみたら『飛行機』じゃなくて『宇宙船』の話しだった気がするなーと思って。

 

そしたら、『パッセンジャー』って映画でした。

 

『パッセンジャー』と『パッセンジャーズ』

普通にタイトル間違いwww

 

『パッセンジャー』は、Amazonプライムの見放題にはなってなかったので、とりあえず、今は見送り。笑

いつか観よっと。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事