イチオシ記事
音量を上げろタコ。クソ映画だったぜ。フ〇ック!Σ( ̄ロ ̄l)
スポンサーリンク

音量を上げろ

 

映画の宣伝を見て、

  • キャストが好きな人ばかり
  • 大好きなバンドを題材にした映画
  • 曲がかっこよかった

 

のを強烈に覚えていて、これは名作に違いない、と信じて疑わなかった映画をやっとこ観たのです。

 

 

 

すげーつまんなかった。

 

 

 

※ここからネタバレあります。

 

 

ふうか(吉岡里帆)

声の小さいボーカル

シン(阿部サダヲ)

4オクターブのすごい声の持ち主だけど、喉がやられてるロックスター

いきなり喉ぶっ壊れます。

大出血。

ファンも血まみれ。

過激なシーンがわりと多め。その辺は好きです。(暴力とコメディの演出が、なんかチグハグで、笑い所が僕には合わなかったりしたけど)

 

ストーリーが説明不足で置いてけぼり感。

 

  • シンがライブすっぽかした理由 → 歌うより、自分の声を守る決断をした。
  • ふうかが声小さい理由 → いじめられてた。
  • 何目的でシンは追いかけられてるのか → イベント大損の借金の取り立て??

 

さらっと説明されたり、ちょっと考えたらわかるんだけど、物語の肝の部分がちゃんと語られることはなく。。。。。

いや、そこはおさえておけよ!……的な。

 

 

 

一番気になった部分は、シンとふうかの関係性。

 

バイク事故で知り合ったシンとふうか。

ふうかのストリートライブをシンが見に来て二人は再開します。

 

声の小さいふうかの歌声が、小峠バンドにかき消されて、怒ったシンが喧嘩ふっかけにいきます。

とりあえず、

そこまでいきなり肩入れするの不自然じゃね?……と思いました。

 

 

物語が進み、シンの喉は限界で、韓国で手術すれば治るけど歌えなくなることが判明。

二人は唐突に韓国に旅立ちます。

 

その直前、シンはもう歌えなくなるからと、弾き語りを始めます。

 

回想シーンで明らかになる、シンの過去。

ちょこちょこシンのというワードは出ていたけれど、ここではっきりと何が起きたかの描写が出ました。

 

借金取りをやり過ごすのに居留守を母親から強要され、声を出す事を禁止されていたみたい。

母親が借金取りを殺害。

母親『もう声出していいのよ。もう声出していいのよ。』

 

これによって、シンの妹は話すことに関して何らかの障害を負ったようです。

そのシーンのあとに、ふうかの声にならない声のシーンが挿入されて、、、、、

 

回想シーン明け。

ふうかはシンの歌を聞いて涙します。

 

僕はここで確信してしまったのです。

 

ああ、こいつら兄妹なんだ!

 

と。

 

 

若干年齢の設定オカシイけど、作中で年齢明かされてない。

きっとふうかはなんらかの理由で、シンが兄だと気づいていないor覚えていないんだと。

物語の後半で、その辺が明かされるんだ!

 

……と思っていたら、謎に長い韓国パートが始まり、

 

クライマックスへ。

 

 

ぶちゅ~~~

 

なんでやねん。笑

 

兄妹じゃなかったwww

 

しかもキスシーン異様に長いし。……なんの意図なんだろう・・・。

 

 

そんなわけで、終始モヤモヤが止まらないストーリー展開がクソでした。

 

でも、作品自体がパンクでぶっ飛んだノリなので、あまり考えなきゃ楽しめるのかな、とも思いました。笑

 

 

でもまぁ、映画観ないで曲だけ聞いてた方が幸せになれます。笑

 

 

ストーリーもうちょっとうまくやれば、神映画だったのになぁ・・・。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事