イチオシ記事
鬼滅の刃の映画観てきました!あと1000円ガチャ引いてきた。記事後半に泣けなかった理由。
スポンサーリンク

 

10月25日に劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」を観てきました。

うおおおおおお!!!!

 

率直な感想としては、面白かったです。すごく。

 

……というか、テレビアニメ版も、映像のクオリティも、声優さんの演技も、めっちゃ良かったから、そういう意味で安定の出来。良かった。

で、本編の詳しい話はネタバレになっちゃうから、この記事の後半に書くことにして……

 

密ったら、密。

 

まず、驚いた……というか、戸惑った。興奮した。

人が、多い!!

 

感染対策がどうなの?…とか、そういうの言いたいわけじゃなく、ただただ、嬉しかった。

 

あー、かつての日常だーって。

 

いや、そりゃみんなマスク付けてごった返してるんだから、日常とは程遠いのかも知れないけど、それでも密集している、人だかりができてる、その一部に自分がいる。……それだけで、ちょっと興奮ものだ。

 

マスクなしで人がごった返せる日常、戻ってくるといいな、と、もっと強く思いました。

 

1000円ガチャ……中身は。。。

 

 

映画を観終わった後に、ガチャガチャを入れてるスタッフを発見した。

……そのガチャをよく見てみると。

 

1回1000円って書いてた。

 

 

 

 

『うわ、すっごww こんなのやるのどういうヤツだよ、貴族かよ!』

 

……なーんて思いながら眺めていたら、妻が財布から2000円出して並んでました。

 

やんのかいw

 

子供たちは初映画館だし、せっかくの機会だし……という事で、一回ずつやらせてあげるそうな、、、。

 

んで、当たったのがコチラ。

 

 

 

穴が開いてない指人形風指人形と、キーホルダーの二つが入ってました。

 

同じのが2セットです(´;ω;`)

 

ボッタくりだと、僕は思います。笑

 

ネタバレ感想。

 

バトルシーンの演出、ストーリー構成、シナリオはアニメからの続きなので冒頭からの掴みも良し。

鬼舞辻無惨によって、下弦でただ一人生き残った魘夢(えんむ)が、無限列車の乗っ取り。

鬼殺隊を眠らせて精神から倒しにかかる、トリッキーな相手。

 

キャラの内面を見せて、バックグラウンドを見せたあとにバトル開始。

ポッと出のキャラの煉獄杏寿郎も、この前半部で、しっかりキャラ立ちさせて感情移入させられる。

炭治郎たちが、やっとこ魘夢(えんむ)をブチ倒したところで、突如現れる上弦の参、猗窩座(あかざ)

 

死闘の末、敗れる杏寿郎。

涙。

涙である。

 

映画館内は、涙する人がたくさんだった模様。

うちの息子は号泣していた。

 

やーー、うまいなー。……と思った。

 

 

……が、実を言うと、自分は泣けなかった。

 

どうしても、どうしてもポッと出なキャラという点が頭をよぎってしまった・・・。

 

こう、杏寿郎の死に際とか、めちゃめちゃ感動的なんだが、それと同時に、主人公たちと過ごした、『あんな時、こんな時、苦楽を共にした杏寿郎が……』とか、振り返る作業を脳内で行っていたんだけど、

 

……あれ?

たいして主人公たちと絡み無くねえ?

 

という事実に気付いたら、流れそうな涙がどっかに行ってしまった。

 

炭治郎と杏寿郎の絡みって、

 

 

 

 

 

 

【引用:吾峠呼世晴/集英社】

 

くらいしかない。

 

(炭治郎と杏寿郎を結ぶエピソードが、もう少し欲しかったよなー。)

……と、ちょっと引いた視点で観てしまったのが、僕の敗因でした。

 

もうねー、ほんと自分のこういうところ嫌だ。

もっと素直に映画鑑賞せえやw……と。笑

 

 

ちなみに、映画観たおかげで続きが気になりまくって今は、漫画読んでます。

運よく貸してくれる知人がいたのです。ラッキー。

 

今は17巻呼読んでるんす。

物語の最終章に突入してます。

 

 

やーー。鬼滅の刃おもしろいわ。

 

読み終えたくないなぁ。。。笑

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事