イチオシ記事
スポンサーリンク

 

NBA 2K20にハマる。バスケプレイしてる感が、ヤバイ。

 

いやー、ハマった。ハマりましたよ、2K20。

おーーーんもしろいっす。

 

 

マイキャプチャーというゲームモードで、自キャラを育てて、NBAのシーズンを戦っていくモードです。

まあ、最近のスポーツゲームだと当たり前に搭載されてるゲームモードですね。

 

 

この記事でも書きましたが、自分の顔をスキャンして自キャラに。

自分の顔のそっくりさんがコートに立っている。

 

……なんかこれだけでも感動してしまう笑

 

 

 

この画像、家族に見せたら反応薄かったんだけど、職場で見せたら『似てるー!!』と大爆笑されました笑

 

選手を操るというのに、毎試合とてもワクワクしながらプレイしてます。

操作していると、バスケットをプレイしているソレと似てる感覚を味わえます。

スクリーンを駆使したり、ピック&ロール、ほんと、それっぽい。

 

フリースペースに走りこんでパスもらったり、ポストにボール集めて1on1

 

L1ボタン押してカーソルの通りに移動すると、仲間が連携して自分にゴールチャンスを作ってくれたりして、簡単にチームプレイもできる!!(下の動画の4:05、17:00あたり見て欲しいっす!)

 

 

ここが魅力!

簡単な操作でも戦略的な戦いができる。……細かい操作で個人技で戦う事もできる。

まさに、人の数ほどのプレイスタイルを表現できる!

 

 

 

ちょっとねー、プレイしながらのスクショが難しくて、うまくできたプレイとかが載せられないのが残念。

 

カメラアングルも変えれる。

横からのアングルにするとテレビ中継みたい。

 

サッカーゲームにも同じようなモードはあるけど、こっちの方が格段にオモシロイなー。

バスケットは5対5で競技的に人数そんな多くないし、得点機会も多いので、

 

オレ強ぇーー!!!

 

を、しやすいです。

 

歯ごたえが足りなければ難易度変更も可能。

活躍はしづらくなるけど、その分ボーナスが付くので、上手になったら上げていくのもいいかも。

 

ルーキーイヤーでスタメンを獲得して記念撮影。

 

 

 

この写真の直前、

  1. 慣れた感じで撮影する
  2. 初めて感出して撮影する

 

みたいな2択の選択を迫られて、①にしたんだけど、謎にファンの評価が下がったよねw

 

洋ゲーの、雑な翻訳で選択肢どれが地雷かわからないあるあるが発動しました。笑

 

 

こういうの。

 

翻訳が悪いのか。アメリカ人の価値観がわかってないだけなのか・・・。

僕にはワカリマセン。。。笑

 

 

で、

 

とうとうMVPを取るまでに成長しました!

 

やったぜ!

 

 

 

そんなわけで、接戦の試合を録画したので投下!!!

2K20の仕様で、BGMがいっさいなくて、ブザーとホイッスルのみの音ですが不具合じゃないっす。

(4:05、17:00が連携カッコよく決まったトコ)

 

 

すこーしずつ強くなっていってるマイキャラ。

このキャラでオンライン対戦できるので、はやく強くなって、ガシガシ戦いたいなぁ。。。

できるだけ足手まといにはなりたくないので・・・・笑

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事