pickup
スポンサーリンク

 

10倍速く文章を書けるようになれそうな本を見つけた。

 

Audible(オーディブル)で新しい本を購入しました!

ブログ書きのワタクシ。書くスピードはあんま早くなんない。ブログ以外にもいろいろやりたいし、寝たいし、時間も限られる。

ブログに費やす時間は、スパッ、ドドーー!バシ!ビシィィっ!!……と書いてサクッと終わらせたい。書きたいことはたくさんあるけど書くことに時間はかけたくないんです。困った。

 

で、

選んだ本が、これ。

どどん。

 

『超スピード文章術』

「10倍速く書ける……だと?ほぅ。。。釣られてみようではないか。ふぉっふぉっふぉっ」というノリでコインと交換しました。

 

結論・事前準備が最重要ミッション

 

速く文章を完成させる結論としては、

 

事前準備をがっちりする。文章の素材を集めて、一気に書く。

 

という、この手の本にわりとよく書かれてる事だった。

『書く時間だけ』考えれば、物凄い時間短縮に思いがちだけど、事前準備時間を含めたら、10倍は随分言い過ぎかなぁ……という感想を持ちました。

しかしながら文章完成の確率も、時間短縮も、間違いは無さそう。

 

そして、文章を書くにあたっての向き合い方、素材を並べれば文章は成立する等、根本の意識や具体的なやり方が自分には合っていると感じた。

 

これならできそう。

 

 

なぜ文章を書くのに時間がかかってしまうのか?

 

LINEはツラくないのに、文章を作るのはなぜツラいのか?

【理由】

  • 表現より用件が重視される
  • 長くなくても良い

 

LINEでのやりとりにおいて求められるものは、

上手い文章 → ×

必要な情報 → 〇

ということらしい。

 

本質的に文章と言うのは、伝わる事。これが最重要項目。

身も蓋も無い言い方で僕なりの解釈によると、

『お前らは素人よ。飾らなくていい。必要な情報をわかりやすく書け』

という事が書いてあった。

 

新聞や教科書を見ると、慣用句とか多用しまくって『ビシ!』っとした文章に見慣れ過ぎている。

僕らが仕事上でのメールのやり取りや、ウェブに載せる文章は、そのカテゴリーの文章ではない。

すべきクオリティと、目標のクオリティにズレが生じている。

 

本書では、必要な情報を、素材と呼ぶ。

素材とは
    • 独自の事実
    • エピソード
    • 数字

 

『文章は素材が9割』文章を書くにはとにかく、素材集めが重要。

 

『素材を並べるだけで、文章は成立する』

 

……どういうことだ!?これ、言葉通り受け取ると、かなり早い文章の書き方を手に入れられる気がした。

この方法、是非一度はやってみたい。ワクワクしてきましたよ。笑

とりあえず、一冊読み切ってみます。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事