イチオシ記事
【2K20】自分の顔のNBAプレイヤーを作成したので素顔を晒してみる。
スポンサーリンク

 

 

NBA 2K20という、NBAのゲームを購入してみました。

NBAとは、アメリカのプロバスケットリーグです。世界最高峰のバスケットプレイヤーがここに集まる、

言わずと知れた世界最強のバスケットボールリーグ。

 

その映像美たるや。ここまで来たかっていうクオリティ……なんだけど、それはまぁ置いといて。

 

1人の選手を育て上げるゲームモードが面白いとの噂だったので、さっそくやってみることに。

そしたら、キャラ作成画面で気になる項目が。

 

『顔をスキャン』

 

 

ほう。。やってみようではないか笑

 

スマホで撮影するだけでできる。

 

プレステ4にカメラ接続して撮影するのかと思いきや、

  1. スマホアプリで撮影、アップロード。
  2. ゲームでダウンロード。

 

という流れだった。

ほんっと世の中、便利二ナッタネ。笑

 

パシャリ。

 

 

顔パンッパンやな。笑

そしてなんか、ゴリラ感……強い。。。。や、系統は元からそっちか。。。いや、でもなんか違うな。

とりあえず肌の色を先に似せて撮り直そうこんなに日焼けしてない。

 

パシャリ。

 

 

 

似て……るのか?

相変わらず顔が丸い(笑)

 

これでいいかとも思ったんだけど、この人、目がデカすぎるみたいで、

まばたきすると眼球ハミ出る現象がwww

 

アカンww

 

というわけで、今度は半目で再撮影。

パシャリ。

 

なんか目に変な線がww 半目が不自然だったのか!??

 

や、やり直し!!!!

 

 

ここで気が付いたのだが、スキャンする要素は、髪の毛、鼻、口、輪郭、あたりで、髪や眉毛なんかは自分でアレンジするんだった。

どうしても感じがでないので、最初から髪と眉毛を選んでから再撮影……すると、

 

こんな感じになりました。

 

 

 

ああああーーーー、なんか、たぶんざっくり似てる!!笑

 

 

そんなわけで、『2K20風わっかけ』が完成しました。笑

いい機会だから、アイコンの画像これに変えちゃおうかな。。。

 

実は完成には、けっこう時間かかったw

スマホで撮るだけ……だなんて、前の章で書いてしまって、さもお手軽にできる風に書いてしまったけど、実はけっこう時間かかった。

 

  • スマホアプリが英語のみ。
  • PS4でダウンロードの際、99%まで完了してからのエラー。

 

結果的に楽しかったからいいけど、ちょっとエラー頻発し過ぎかなー。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事