pickup
進撃の巨人33巻感想。『エレンの苦悩と地ならし』※ネタバレあり
スポンサーリンク

 

買いました読みました!進撃の巨人、第33巻!!

 

 

 

本の表紙が、もろ、

『調査兵団 VS エレン』

です。

 

32巻の流れから見ると正確には、

パラディ島&マーレ育ちエルディア人タッグ VS エレン 

なのかな。エルディア連合。

 

エレンの気持ちが明らかになった33巻

 

32巻では、エレンがやろうとしてる目的と方法が、エレン自身の声明により明らかになりました。

 

 

 

33巻冒頭では、それを実行するエレンが何を思いながら行動しているかが描かれました。

 

 

32巻までのエレンは、ブレない確固たる意志で、なんの迷いもなく突き進んでる。そんな印象を持ちました。

しかし、実際のところ、苦悩しかなかったよう。。。

当然か……。

 

 

 

 

凄まじい葛藤の末の結論なんだというのが、痛いほど伝わってきます。

故郷を、仲間を救うために罪のない人を大量虐殺。

 

過去と未来の継承者の記憶も垣間見れるという進撃の巨人の能力。この発現力にどの程度の自由度があるのかはわからない部分が多い。

しかしエレンには、自分がやるであろう未来の足跡はがっつり見えていて、しかもそれしか方法がないと確信しています。

 

 

進行する地ならし巨人たち。

 

 

エレンが救った、街中で絡まれてた少年も『地ならし』で踏み殺されます。

 

それにしても……。

進撃の巨人最終形態の姿が異形過ぎる。

 

悪魔……。

 

 

 

対話決裂

 

アルミン達エルディア連合は、地ならしを止める為、なんとか飛行機を確保。

エレンの元へ、地ならし最前線へと向かいます。

 

目的は、

①地ならし止める ②エレンの説得 

 

飛行機の中で作戦会議。

どう行動するかを話し合っていた作戦会議の方向が、エレンの内面に向かられたその時でした。

話し合ってる全員の意識が、エルディア人しか行けない精神世界のようなところに飛ばされます。

もちろん、始祖の力を持ったエレンの仕業。

 

作戦会議は中断され、エレンは、

  • 地ならしを止めるつもりはないこと
  • 止めたければ戦うしかないこと

皆にを告げます。

 

 

アルミン

『何で…僕らをここに呼んだんだよ』

 

エレン

『話し合いは必要ないと 話すため』

 

このやり取りの末、アルミン達は『戦うしかない』と決意します。

 

 

作戦会議をエレンに割り込まれる直前のライナーのセリフ。

 

俺は……

エレンの考えてる事が 少しわかる気がする

エレンは……

俺たちに止めて欲しいんじゃないのか?

あいつだって……

つらいはずなんだ……

人類虐殺なんてとても……耐えられることじゃない

俺だったら…

もう…始祖の力を誰かにまかせてしまいたい

それができなければ…

終わりにしてほしい

誰かに…

 

 

答えはこれなのかなぁ…と。

 

 

この後を予想してみる。

 

エレンの優先順位
  • 仲間(家族)は絶対守りたい
  • パラディ島は絶対守りたい
  • できれば罪のない人々に死んでほしくない

 

①複数の未来が見えていて、これが最良と考えるパターン。

②決まった未来に抗えなくて、止められないパターン。

 

これのどっちかな気がするんだけど、僕は①だと思っています。

 

 

自分が暴走して世界を大虐殺して、皆に止めてもらう。

この展開が、一番被害が少なくて済む。

 

これがわかっているからこその暴挙だった。

自ら運命の歯車になって、世界がなるべくダメージ少なく戦いを終息させる。

 

それには、アルミン達に自分を止めてもらう(殺してもらい、始祖もろとも消滅させる)必要があったから、自分に対する敵意、戦意を無くなるのは困る。ゆえに、あの作戦会議に割り込んで皆を煽った。

 

……みたいなのを僕は予想?想像?しています。

 

 

33巻の終わりにエレンの元に到達したアルミン達。

とうとう最終決戦です。

 

 

 

 

 

……やばいな…。単行本発売を待つ派だったんだけど、別冊マガジン買っちゃいそうだ……。。。。笑

 

 

最後に…。地ならし、ヤバイよね

 

地ならし言うたって、歩いてる巨人のスキマとかありそうだし、なんだかんだ逃げて生存率割と高そうじゃね?

 

……とか思っていたんだけど、これ絵を見たらそんな想像は吹き飛んだ。

すげえな巨人。

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事