イチオシ記事
新型コロナによる医療崩壊が今すぐにでも起こり得る理由。
スポンサーリンク

医療崩壊のイメージってどんなですか?

 

わかりづらい横文字での発表やニュースが日本を駆け巡っていますが。

 

  • クラスター ⇒ 集団感染
  • オーバーシュート ⇒ 感染爆発
  • ロックダウン ⇒ 都市封鎖

 

これらの言葉を見たり聞いたりしていると

『患者多過ぎて診察追いつきません!』『人工呼吸器が足りない!』

 

といったような、ドラマに出てくる壮絶な医療現場を想像しがちな気がするのですが、こちらのニュース記事を読んでみていただきたいのです。

山梨県は1日、県内に住み、心肺停止状態で搬送された0歳女児の新型コロナ感染を確認したと発表した。多臓器不全で生命に危険があるため、山梨大病院のICUで治療を受けているが、記者会見した病院によると、肺炎の程度は軽く「感染が心肺停止の原因となった可能性は低い」という。

また同病院は、女児と濃厚接触した医師や看護師らスタッフが44人に上り、2週間の自宅待機を指示したと明らかにした。

県などによると、女児は3月31日に心肺停止状態となり、山梨大病院に救急搬送され、蘇生措置を行った。その後、PCR検査を行った。心肺停止になる前に、せきなどの症状はなかったという。

感染力の高いウイルスに病院スタッフが罹患したら、そもそも病院が診療できないという状況。

 

1人のコロナ患者がスタッフに感染させまくって病院が機能停止に。これ、極端に聞こえるかもだけど全然突飛な予測じゃなかったりします。

なので、医療崩壊は、びっくりするほどあっさり起こる可能性があるんです。

日本政府の不信感と、楽観視し過ぎな人々

海外では都市を閉鎖したり給料補償したり外出禁止して破ったら逮捕さえたりと、いろいろな策が講じられている。

 

それに対して日本は、学校は休みにするけど満員電車はそのまま運行したり、イベント自粛しろとは言うけど一切補償はしなかったり、給付金出すとか言いつつやっぱり無理ですと言ったり、国民に配られるのは1世帯マスク2枚だったり。

うーーーーん、いろいろ終わってるな、と。

『コロナウイルスが広がった責任は国のせいじゃないのに、日本に補償させるのはお角違いだ!』

 

みたいなことを仰る方が少なくない数いるようですが、こういう有事の際に頼りにならない国家など、もはや存在理由がないと思うのです。

 

こういう時こそ、『よし、まかせとけ!』っていうスタンスでいてくれない国家など、お話にならない。

 

牛肉の商品券だの旅行券だのと、おふざけが過ぎる。K-1がイベントを強硬開催してネット上で叩かれているのを見かけたけど、あれも法的にも合法だし、中止したら主催者が借金抱えるだけだし、k-1が攻められるのは間違っている。

 

責められるべきは政府の対応。

日本だとまだまだ新型コロナウイルスを軽視してる人が随分たくさんいるように思うのですが、本当にそんな楽観視してて大丈夫だと思いますか?……と言いたい。
あと花見とか、マジやめろよなとりあえず。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事