イチオシ記事
【結果】パワハラ上司を告発する嘆願書を会社に提出してみた。
スポンサーリンク

 

 

こちらの記事の続きになります。

結果

 

嘆願書が40人中32人分集まり、会社に送付するところまでは予定通り。

作戦実行に関しては、計画通り行きました。

 

ただ、私たちの"嘆願"は聞き入れてもらえませんでした。

結論として、何も変わらなかった。

 

失敗です。

 

会社の内部の事をどうにかして欲しい時は、やはり外部(労働基準監督署など)から調査なりをしてもらわないと、どうにもならないというのを痛感させられました。

 

  • 臭いものには蓋をする
  • 知ってる人の話を信じる
  • 正義感とか良心をあてにした時点で勝敗薄い

 

敗因は、こんなところでしょうか。

 

経緯

 

  1. 嘆願書を社長に提出
  2. 三ヶ月ほど放置
  3. 部長Bによる聞き取り調査
  4. 社長からのメールで返答

 

嘆願書は、社長に送付しました。理由は、信じれる人が身近にいなかったため。

上司Aの上には部長Bがいるのだけれど信用できる人物ではない。なぜなら、内部通報問題の時の面談担当が部長Bで、面談結果を改ざんして報告した疑いがあるから。

 

彼に嘆願書に署名して提出しても、いろいろな策を講じて阻止にかかるだろう。(上司Aの失態は部長Bの責任問題になるから)

 

どうせこんな大掛かりな事は二度とできないと思い、思い切って社長充てに送付しました。

 

待つこと三ヵ月。

 

待ちに待った連絡は、『部長Bが全員に聞き取り調査を実施します』だった。

 

これにはみんな、ズッコケた。あーーー、終わったな、感です。

 

 

ここからはもう、説明するまでもないような展開が続きました。

 

部長Bと30分の制限時間付きの面談。しかも、『前回の内部通報以降の上司Aについてされた事を話してください』という謎の制限をつけられた。そんなのオカシイと、皆いろいろ話してみたが、話しを聞くだけでスルーされた。

 

そこから2ヶ月、社長からメールが届きました。

 

社長のメール内容
【部長Bによる面談結果。職員の回答】
    • 上司Aは、[このままで良い50% ・どちらとも言えない 20% ・役職を解かれるべき30% ]
    • 70%の職員が上司Aを認めている
    • 態度に問題はあるが、仕事はきちんとこなし、部下からの評価は高い
    • 頼まれて嘆願書に署名した者もいる

 

以上の事から、現状を改善しつつ上司Aには引き続き変わらず勤務していただきます。
よろしくお願いします。

 

見事に完敗です。

現在

 

というわけで、大掛かりに事を起こしてみましたが、なにも変わりませんでした。

相変わらず上司Aはクソ野郎なので、現在も同じ状況が続いています。

 

この件以降、7人辞めて、同じ数の新人さんが入社。無駄に新陳代謝がよく、新人比率が過去最高です。

引継ぎ作業に人員不足。チームで動く業務はめちゃくちゃ大変です。何度教えても辞めていくので、エンドレス指導です。この非効率を生み出している原因ははっきりしてるのに・・・。部署を超えて支店内の誰もが知るくらいなのに。どうしようもないです。残念。

 

さすがにもう、いろいろと疲れたので、こういう画策はおしまいです。

転職を視野に入れつつ、静かに働きます。

たまにTwitterとかで愚痴るったりすると思うので、生暖かい感じで慰めていただけると幸いです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事