イチオシ記事
サブスク貧乏に気を付けろ。
スポンサーリンク

定額制の落とし穴

最近、サブスクサブスクとよく聞くようになった。

まず、サブスクってなんだよっていうと、

 

サブスクとは?
サブスクリプションサービス → 略してサブスク
「定額料金を支払い一定期間のサービスが受けられるサービス」のこと。
本来は「年間購読」という意味で使う言葉だったが、最近の認識だと「定額制のサービス」の意味で使われるのがほとんど。

この定義で行くと、新聞とかも”サブスク”と言えるのでしょうね。

で、

一見、めちゃめちゃ便利なサブスクサービスだけど、意外な落とし穴に気づいた。

 

時間が足りねえわ、と。笑

 

いやいや、わかるわそんなんww バカにしてんのか?という声が飛んできそうですが、僕は大真面目です。

なぜなら、自分が今それに陥っているから。(どーーーーん)

 

僕が今契約してるやつ。

  • Amazonプライムビデオ
  • U-NEXT
  • Amazon kindle Unlimited
  • メンタリストDaiGo有料チャンネル

 

たった○○円でいつでも見放題ですぐ見れる環境を作れる。

この意識が強い人、割と多いと思うんです。僕もそうです。。。。

便利な環境作りの為にムダ金を使いまくってるというのに、案外気づけなかったり。

 

僕の場合は、まず、動画系のサブスクは1個でいいよな、と。

しかも、特定の作品が見たい!……というよりかは、トップページ眺めながら『あ、これ面白そう』…な感じで選ぶことが多いのでAmazonプライムで十分だと思いました。

メンタリストDaiGoさんの有料動画も、なんだかんだ月に2回くらいしか見てないし、Amazon kindle Unlimited(Amazonの本のサブスク)も、1ヵ月に1冊読めてるかどうか。

……うーーーん。

 

完全に高くついてる。

 

みなさんは、サブスクいくつ契約してますか?

便利だからこそハマってしまう損の罠

 

ヘビーに使っていない契約は、ことごとく1ヵ月でやめるつもりで契約するのが吉ですね。

僕が今の契約を継続していくと、約月3500円……。これが安いと言い放てない僕は、慎重にならざるを得ない。。。。

 

うーーーん、気を付けよ。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事