イチオシ記事
すんごい簡単な方法で便秘が改善した。便秘解消。
スポンサーリンク

慢性的な便秘に悩む僕に・・・

ある時から便秘がひどくて、本気でどうしたもんかと思い悩んで、日々生活していました。

先日、十二指腸潰瘍になったのをきっかけに、あることをしただけで1週間以上便通が無かったのが、1~3日に1回くらい自然にお通じが来るようになったのです。

自分的に衝撃でした。

 

そして、その方法は、

なんと、

 

よく噛んで食べる。

 

です。

 

いや、すいません。でもふざけてないです。本当です。

 

まさかこんなことで……

とにかく、胃腸に優しい生活を心掛けよう。……っていうのをやることに。

今までは口いっぱいに詰め込んでムシャムシャごっくん。みたいな感じで、5分もあれば食事終了みたいな食べ方。

それを、なるべく少量を口に入れるように気を付けて、30回噛んでから飲み込む。

 

これだけなのです!

 

……早食いなのをなんの疑問にも思わずに便秘で苦しんでいる僕みたいな人がいたら、是非に試していただきたいのです。

自分、けっこう試したんですよ。リンゴ、納豆、ヨーグルト、納豆、青汁……等々をブログでも書いた気がするんだけど、まさか一番効果ある方法が咀嚼だとは……。

ほんと、なんだかなぁ……。自分にがっかりしてしまいますぜ。笑

 

よく噛んで食べるとこんなにいい事が!

 

よく噛む事が健康に良いという、小学生の保険の教科書に載っていそうな事をあらためて学んだので、他にどんないい事があるのか調べてみました。

  • 満腹中枢が刺激されて食べる量が減る
  • 脳の血流アップで脳機能上昇。認知症予防にも
  • 顔の筋肉使うので顔引き締まる
  • 消化吸収が良くなり胃腸の負担減る
  • 消化がよくなり胃腸の負担が減る
  • 唾液の分泌よくなり、いろんな菌の侵入防ぐ(虫歯、肺炎)

 

すげえな、咀嚼。噛むってハッピーがいっぱい。

 

この中で僕が一番気になった項目は、脳機能の向上について。

よく噛む → 脳の海馬の神経細胞活性化 → 脳の老化を防げる

元神奈川歯科大学教授の齋藤滋教授によると、こういう事らしい。

なんか、本当に気を付けて、ゆっくり食事するのを心掛けて習慣化しないと、と思いました。

 

目指せ、THE・健康。

よし。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事