pickup
ストーリー6.0開始!浮遊都市への移動方法がムチャぶりな件。【アストルティア旅日記。24】ドラクエ10
スポンサーリンク

 

バージョン6・始動!

 

バージョン6が公開してからずいぶん時間が経ってしまったが、やっとこストーリー開始である。

のんびりゆっくりやっていこう。

 

数々の魔王をぶち倒し世界を救う事5回。

バージョン5では、なんと自分が大魔王になってしまったり。実質、もう、この世の全てを一つにして平和を勝ち取ったと言っていいのではないだろうか。

こんな手紙が届いた。

 

 

誰だよパルミオ博士って。

でも、なんか聞いたことある。

あ、あれだ。バージョン4あたりからやたら存在感強い、変人プクリポ。

「イア・タア シンパッ・ケウ」でお馴染みのパルミオだ。レンドアの町長にでもなったのか?

 

のこのこと執務室に行くワタクシ。

 

 

余談ですが、ストーリー進める時は気分を損なわないように人間スタイルでプレイします。

変態コスは封印です。笑

 

空を見上げると、なにやら不思議な建造物が宙に浮いているのが視認できる。

冒険の予感。(ワクワク)

 

最高潮のパルミオ。(こいつ好きだ)

 

※おまけ『ほっとくと上昇が止まらないパルミオ』

 

ちなみに、うしろのお手製ジャンプ台で、あの浮遊都市までジャンプするつもりだったらしい。

ファンタジーだからなんでもありっちゃありなんだろうけど、バカなのかな?(笑)

……天才とバカは紙一重というが、そういうことなんだろう。

聖剣伝説の大砲で長距離移動くらいムチャ言ってるぜ、パルミオさんよぉ・・・。

 

 

現時点での推測。

 

ざっくり言うと、

  • 歴史単位の時間で見ると、浮遊都市はちょこちょこ出て来るってよ。
  • 世界がピンチ乗り越えたら出てきがち

ってな感じ。

 

 

ええ、でしょうね。

 

そんなわけで、バージョン6、最初のおつかいの始まりです。

パルミオ博士に頼まれた材料を揃えるべく、行動開始です。

 

次回・飛び飛びピョン太くんの後継機やいかに!!!!!

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事