イチオシ記事
映画『アンフレンデッド:ダークウェブ』を観た。後半ネタバレ感想。
スポンサーリンク

 

 

全編がパソコンの画面上で展開するホラー映画があると聞いて、観てみました。

 

全編がパソコンの画面上で展開する異色のホラー作品として話題となった「アンフレンデッド」の続編。「パラノーマル・アクティビティ」など数々のホラー/スリラー作品をヒットさせてきたジェイソン・ブラムと、同じくPC上で物語が展開する「search サーチ」も手がけたティムール・ベクマンベトフが、前作から続いてプロデュース。「呪怨」のハリウッドリメイク版「THE JUON 呪怨」のスティーブン・サスコ監督がメガホンをとった。手に入れた中古のパソコンでソーシャルメディアにアクセスしたマタイアスは、そこに表示された以前の所有者と思われる「Norah」というアカウント名を、自分のアカウントに書き換えて使い始める。すると、PC内に、監禁された女性を映した動画など、おぞましいファイルの数々が保存されている隠しフォルダ発見。その時、見知らぬアカウントから「俺のPCを返せ。さもないとお前たちは死ぬ」というメッセージが届き……。

 

ホントにPC画面だけでストーリーが展開

 

おおおーーー!!!すげええええ!!!

 

……って思いました。

 

本当にPC画面上だけで進行している。

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっとこんな感じでストーリーは進んでいきます。

 

アンフレンデッド:ダークウェブ、冒頭。

 

聴覚障害の女性と交際している大学生のマタイアス。

高スペックなPCが欲しかった彼は、出来心で置き忘れてたPCを盗んでしまう。

冒頭で手話アプリをテストしていたので、高スペックなPCを欲しがったのはこれを使用したかったのが理由なのかと。

 

ある日、仲間とのビデオ通話中、マタイアスはPCの中に謎のファイルを見つける。

そのファイルを閲覧すると、PCの持ち主が、非常に、すごく、とても、絶望的にヤバイ組織の人間だという事が分かります。

 

まずいと思った時には、すでに遅し。

 

ビデオ通話中の仲間たちも、巻き込まれていきます。

 

彼らは無事に切り抜けることができるのだろうか。。。。

 

 

結論。感想。ネタバレ。

 

誰も切り抜けれなかったわ。

 

もう、全員ぬっ殺された。

しかも、生き残る希望は一切なかったなぁ・・・・。

 

この手の映画って、『死ぬかも死ぬかも、死ぬなぁぁぁぁ!!』みたいな、緊張感が楽しかったりするんだけど、この映画、『助かるかも?』…という希望はなかったね。

もう、粛々と殺害されていった。

 

はしゃいでる大学生が、悪の闇組織にサクサク殺されていく映画。

逆に清々しいわ。笑

 

 

この映画、『2』とは書いてないけど2作目なんですってね。

次は1も見てみようとおもいます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事