pickup
『我が家にカラオケ設備整う』真夜中の独り言 #129
スポンサーリンク

 

我が家に、今年もサンタさんがやってきた。

上の子は小6なので、うすうす気づいてる感はあったりするのだが、サンタさんへのプレゼントリクエストはちゃっかりしてる。(下の子の為にもしてもらわないと困るのだが。笑)

 

今年はちょっと驚きの"おもちゃ"のリクエストが入った。

 

『カラオケマイク』である。

 

任天堂Switchで、ジョイサウンドの配信サービスがあり、その為のマイク。

昔、田舎の近所のカラオケ好きおじさんの家にレーザーディスクのカラオケ設備があったのを思い出した。けっこう高くて、ん十万するカラオケ設備。曲ももちろん別売りなので、曲数を増やせば増やすだけ費用がかかる。

それが今や、マイクと月額料金で1万円もかからないのだから、いい時代だなぁと、歳よりじみた感想がでてくる。

 

 

しかし、欲しがったくせに照れて歌わない長女。

『とりあえずパパ歌ってよ』と振ってくる。

 

自宅でカラオケするというテンションがよくわからない僕。

……というか、大人になってからシラフでカラオケなどしたことがない。マイクを握る時は『ウェ~イ』の状態が常だったから。

しかし、しょうがない。歌わねばならん空気だったから頑張った。

 

 

音量大きめじゃないと、照れとかで声が出ない。

そんなわけで、最近あまり出番のない、ゲオで買ったオーディオがめっちゃ役にたった。爆音である。笑

 

うん。

意外と楽しかったです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事