イチオシ記事
「死刑囚表現展」の主催者って?僕は死刑賛成です。でも反対です。
スポンサーリンク

 

「死刑囚表現展」というイベントがあるらしい。

今日Twitterで知りました。

 

その展示品について、障害者施設で45人を殺傷した植松死刑囚の"作品"が物議をかもしている。

 

 

 

障害者施設「津久井やまゆり園」(神奈川県相模原市緑区)で入所者ら45人を殺傷した植松聖死刑囚(30)が拘置施設内で制作した「作品」が、東京都内で23日に始まる「死刑囚表現展」に展示される。犯行前から公言する独善的な主張の箇条書きで、被害者家族は「何ら贖罪(しょくざい)の気持ちがない」と失望している。

 

主催者どんな組織で、どんな目的でやっとるのだ?

 

この"作品"について思うところはありますがそこは置いておいて。

誰がなんのために????……このニュース記事だけではその辺が掴めない。

そもそもそんな企画やんなよ、やらせんなよ、認めるなよ、なんでだよ。……と、僕の頭は『?』でいっぱいになった。

 

ググったらすぐにわかりました。

『フォーラム90』という団体。

 

『死刑制度を無くそう』…という団体の様です。

 

 

死刑制度ってどうなのよ?…ていう意見は、すごくわかる。

が、被害者の感情を無視して好きな事を発信できる場所を企画としてやっちゃうのは理解できない。

悪意しか感じられない。

 

『死刑反対』と『死刑囚表現展』

これ、おんなじテーブルに上げるのどうなのよ。

 

 

ちなみに僕は、死刑は賛成だけど、死刑制度には反対です。

残酷な殺人犯は死をもって償うべき。……でも、それをジャッジするのは別の人間なわけで。

冤罪の可能性を考えると、死刑執行しちゃったら取り返しがつかない。

また、死刑になりたくて罪を犯すみたいなパターンもあり得る。

 

なので、死刑は廃止して 死刑 ⇒ 終身刑 にした方がいいのかなと思うんです。

 

犯罪者を税金で一生面倒見るってどうなのよ?……的意見もよく聞くけど、間違って死刑執行するよりは……ねえ。

 

 

 

ちなみに、『フォーラム90』のサイト内に、「相模原の施設の事件をめぐって 7月28日」という記事が掲載されてました。

僕はこれを読んで、『許すかどうか決めるのはお前らじゃねえ、死んだ被害者とその家族だ!』……と、苛立ちました。世の中にはいろんな人がいる。世の中って恐い。

 

「だから僕は犯人を死刑にしてほしくない。なぜならこの事件をきっかけにして人は人を許すことができるということを明らかにしたいからです。死刑にしても何一つ残らないどころか、彼の言葉だけが残ってしまいます。だからきちんとした許しを通して、僕たちにも生きる意味があることを犯人自身に納得してもらわなくてはいけません。だから、僕たちのこういう思いをぜひ犯人に届けてほしいです。よろしくお願いします。
どうしても伝えたかったので今日はこのことを書かせていただきました。仲間たちも同じ思いだと思いますから、どうかよろしくお願いします。
どんな人にも生きる意味があるのは犯人も同じです。間違った考えを持ったからといってその人の人生を否定することは間違っています。もちろん償いは必要ですが、死ぬことは全然償いにはならないどころか、間違った考えを改める機会をすっかり奪ってしまうので、それは逆に彼の意見が正しいという考えの人を勇気づけてしまうと思うので、ぜひ死刑にはしないでほしいのです。絶対に改めてもらう必要があるのでよろしくお願いします。
私たちは絶対に人を許すことを続けてきたので、仲間たちも同じように許すことには異存はないと思います。ただ亡くなった仲間の思いだけはきちんと尊重するために一人一人の素晴らしさをきちんと紹介して欲しいと思います。どんなに障害が重くてもみんな素晴らしい人生を生きてきたので、そのことを語ることこそが亡くなった仲間を追悼することになるはずですから、よろしくお願いします。
どうしても仲間の中には許せないという人もいると思いますが、ぜひ僕の意見を届けたいです。」

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事