pickup
『生き残った6人によると』ドラマ感想 ※ネタバレなし ビースト役・高石あかり
スポンサーリンク

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

今回は生き残った6人によるとっていうドラマを観ましたー。

なかなか面白かった。

ありふれたゾンビのドラマ化と思いきや……

 

日本で制作のされたゾンビものって、なんだか安っぽいイメージなのは僕の偏見なのでしょうが、すみません。

だから、ぜんぜん期待してなかった。

ドラマを観たきっかけも、『彼女お借りします』というドラマに出てる桜田ひよりさんが見たいという、かなりミーハーな理由だ。

しかし、だ。

『生き残った6人によると』はゾンビ化した街のショッピングモールで繰り広げられる恋愛劇は斬新だった。そして、死の危険による緊迫感は、あんまりない。

外を徘徊しているゾンビの動きがコメディっぽくて、最初は失敗しているんだと思った。でも、ポップで元気なゾンビさん達の振る舞いは、わざとそういう動きなんだと気づいた。

 

 

ショッピングモールに閉じ込められているのに緊張感がない理由

 

街はゾンビだらけ。噛まれると感染してゾンビになる。

……この設定はよくあるゾンビ作品共通。しかし、ゾンビに襲われるかもしれないという緊張感は、あまりない。

 

  • ゾンビ化は千葉市だけで、封じ込めに成功している
  • 電気や通信環境は維持されてる
  • ラジオは聞ける
  • ショッピングモールなので、食料や娯楽は潤沢

 

男女3:3の共同生活は、『外に出れない』という縛り。

そう遠くない未来に、救出に来てもらえそうという情報もあり。……となれば、緊張感もそんなに生まれないのだろう。

 

なにこの感じ。面白い。

 

30分番組で、サクサク進むので、気軽に見れるのも良い。

 

ビースト役の高石あかりさんが光っていたよ

 

ここからは作品の感想じゃないんだけど。

 

 

写真は、ユーチューバーの樫本ビースト役の高石あかりさん。この人のドラマでの存在感がやばかった!

毎回髪型の違うビーストさん。暗い過去があったり、ローラースケート乗ったり、核心突いたり、動画撮ったり、早口の長セリフに説得力があったり。

回を追うごとに、ビーストさんのドラマになっていった印象を受けた。演技、お上手。

 

出演作品を観たくなり調べてみたが、女優としての活動歴はまだそんなに長くないようだけど、2022年に主演作品あった。

『ベイビーワルキューレ』という作品。女子高生の殺し屋さんのお話しですって。これは、近いうちに絶対観よう。

 

 

ダンスヴォーカルユニットとして活動してた模様。

a-X's(アクロス)



映画評論・レビューランキング

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事