イチオシ記事
グリーンデイの名曲の歌詞、実はめっちゃ暗い。【ミーサタ】
スポンサーリンク

 

日本語訳に驚く1曲。

タイトルで実はめっちゃ暗いって、僕の感想なんですけどね。

お前が英語聞けないだけだろって感じですよね、すみません。。。笑

 

はい。

 

というわけで、YouTube見てたらグリーンデイを日本語詞でカバーしてる動画を発見しました。

 

 

 

グリーンデイのバスケットケースという曲。

超有名曲なので、聞けば、知ってる!!……という人はたくさんいると思います。

が、歌詞がかなり暗い内容なんですよね。……なかなかです。

和訳を初めて知った高校生時代の僕は、けっこう衝撃でした。メロディはこんなにキャッチーなのに・・・と。笑

 

 

そもそも曲名の意味が、

Basket Case = 神経が衰弱しきった人

なんですよね。

 

ヤフー知恵袋より
君は僕の愚痴を聞いてくれる暇があるかい?
ある事無い事がいっぺんに僕の身に降りかかってくるような気分なんだ
僕はメロドラマの見過ぎなんだ
骨の髄まで神経過敏なんだ
それは間違いない時々僕は自分自身にぞっとする
時々僕は自分の心に騙される
それで全てが分かったんだ
僕は正常でなくなっているんだと思う
僕は偏執的なの?
僕はただ酔っぱらっているのか......僕は自分の夢を分析してもらうために
精神科医のところへ行った
その女医は僕が落ち込んでいる原因はセックス不足だと言う
僕は売春宿へ行った
“彼”は僕の人生は全然ダメだと言った
(男のところへ来るようではダメだということ。
「Whore」は女性を表し、その代名詞をわざと「He」にして冗談になっています)
そして僕は泣き言を並べるのを止めた
だってそれが彼女を落ち込ませているのだから僕は自分を上手くコントロールできるようになってきた
だから君はもう少し我慢して僕を見捨てない方が良いよ

 

『アメリカはセックスとか娼婦とか歌ってCDバカ売れするんだ、すげーな』

 

というのが率直な感想でした。

 

当時の日本の音楽シーンは、ミスチルとかユーミンとか小室とかドリカムとか、、、、だったから。

そこと比べるとギャップ……すごい。

 

 

グリーンデイの今は・・・

 

僕の中では完全な懐メロだったので、今どうなってるかとか全然知らなかったんですが、バリバリ活動してました!!

なんと、2020年にCDリリースしてた(゚Д゚;)

 

ボーカルのビリーさんが薬物乱用で活動休止……みたいなニュースを数年前に見た気がしたんですが、見事に復活していたのですね!!

 

アルバムの収録曲がYouTubeにアップされてた!

 

 

……やべえ、すげーかっこいい。

知ってるあのグリーンデイとはイメージちょっと違うけど、これはこれでいいな。。。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事