イチオシ記事
『RAMとROMの違いって?』安価でハイスペックなスマホ選手権。
スポンサーリンク

 

スマホを氷にポロリん。。。

 

こんなんなりました。

( ノД`)シクシク…

 

とはいえ、5年もお世話になったXperiaXZちゃん。そろそろ戦えないスマホだったのは事実だったので、ここは前向きに行こうではないか。

 

幸いにも、

  • ソフトバンクの更新月が5月~7月
  • 液晶割れてる以外は使えてる

ので、2ヶ月くらいじっくり考えるのである。おし。

 

安価でハイスペックで防水なスマホが欲しい

 

かくして、安価でハイスペックで防水なスマホ選手権が自分の中で開催される運びとなった。

 

わがままゆーな!!!……なんだけど、まぁ、しょうがないじゃないすか、気持ち的に。笑

 

今回は、そう。スマホ会社どこでもイイという状況だったりするので、選択肢の幅が広いのは大きい。(お金無いから24回払い前提なのです。泣)

 

今のところ狙ってるのはコレ。

 

 

 

Galaxy Note10+ です。

 

注目すべきは、

 

  • RAM 12GB
  • ROM 256GB

 

RAMは、作業領域のメモリーの事で、よく作業机に例えられるやつです。机が広ければ広いほど、一度にいろいろ作業しやすい。よって、RAMが大きいと言うのはスマホがサクサク動きやすい要因の1つになる。

ROMは、記憶領域のメモリーの事で、よく本棚に例えられるやつです。これは、説明不要かもしれないですね。ROM容量が大きいとアプリも写真も動画も音楽もたくさん保存できます。

 

すごいざっくりとした僕の認識は、

RAMとROMが大きければスマホって長く使えるよね、と。

 

……ただ、Galaxy Note10+には、5G対応していない。楽天モバイルには、電波ちゃんと入るのか?…という不安材料があったりするのですよねー。

 

うーん。悩む。。。。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事