pickup
新型コロナワクチンの探し方。
スポンサーリンク

 

 

今日、新型コロナワクチン打ってきました。

朝9時に摂取してもらい、15時間くらい経過しましたが、腕めっちゃ痛いです。くくぅ。

 

僕自身ワクチン接種にあまり積極的な意識はなかったんで、予約等は妻にまかせきりでした。

『予約受付てる病院みつけた!』というので、言われるがままWEBで予約したらあっさり取れた。「なんだ、思ったより簡単じゃん」……という感想を持った。

……でもでも、「ワクチン供給少ない!!」というニュースを最近よく見かけるので、不思議に思ってワクチンの予約の仕方とか状況とか、ちょっと調べてみた。

そしたら、すごい酷かった。

 

やり方は、もう、昔ながらのローラー作戦オンリー。

いちおう、札幌市ホームページにワクチン接種できる医療機関のリストアップはされているが、そこから自分の行く病院を探して電話かけまくる。これが基本戦術になる。まぁ、、、ワクチン供給が少ないからしょうがないのかな。

 

ちなみに僕の近所の医療機関は、WEB予約できるほうが、かなり少数派でした。

医療機関によってはホームページがお飾りパターンとか、高齢者に配慮して電話受付のみとか、様々な事情があるのだろうとは察するけど、電話が主とは、けっこうシンドイ。

医療機関の電話がずっと話し中で繋がらない現象も、そんな珍しくない光景らしい。。。電話繋がらないとか、すごく時間使うんですよね。効率悪い……。

 

 

さらに、ワクチン接種をしてる病院・クリニックも、それぞれのやり方があるので、接種できる人にも縛りがある。

 

  1. 当院に受診歴ある人だけ
  2. 基礎疾患ある方はかかりつけ医に行ってね
  3. 誰でも受け付けるよ

 

だいたいこの3パターンだと思う。で、1がね、多い事多い事。

基礎疾患ない人、かかりつけの病院がない人は、ワクチン予約できるところを見つけても「対象外・・。」と諦めるしかない。

 

これは…………、かなり手間!!!!!

 

……とまぁ、文句言っても仕方ないんですけどね。

ワクチン供給が多ければ予約自体しなくて良いはずなので。

 

 

しっかし、コロナに罹って重症化とワクチン打って副反応だと、ワクチンの方がリスクは格段に少ない。これはわかっているんだっけどもね。人類がまだ試したことのなかったmRNAワクチン。人類みんなで治験してるような状態なのも、これまた事実なわけで。

やっぱ、打つのはちょっとビビりました。腕めっちゃ痛いし。

 

……2回目、熱でなきゃいいんだけど……。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事