イチオシ記事
ゼノブレイドをプレイしたらアンチオープンワールドを掲げたくなった日。
スポンサーリンク

 

巨神に住むっていうワードがなんか強烈だなぁ。

 

ゲオのお正月セールで購入したゼノブレイド。

ついに、ようやくやっと着手致しました!うおおおおお!!!

 

評価が高いのは知ってるので、きっと面白いんであろうとゲームを始めて見ましたが、.......うん。これは面白いですわ。

とりあえず、マップがやたら広い。大地が広大過ぎ。マップ上に不自然な仕切りが全然ない。だいたいどこでも行ける。冒険してる感が良い。

ちょっと前に、やたらオープンワールドゲームが乱発していた時期があったけど、1枚絵でゲームの全体を成立しなきゃいけない縛りがあるぶん世界観的には狭く作らざるを得ない。とある町のの物語だと作りやすいけど、国家間の戦争とか、惑星を冒険するとか、舞台のスケールが大きい作品って実は少ない。(ドラクエは世界すべてを冒険するけど、GTAやフォールアウトはアメリカの一部だけ……みたいな)

 

大きめなマップが複数で世界が構成されていて、こういうのでいいんだよ!!!……って思いました。

オープンワールドゲームも面白いんだけど、今はこっちのほうが好きかな。

 

それにしても、いまだに世界観がうまく頭に入って来ないまま冒険しています。

 

 

今は、膝付近にいるらしい。ドウイウコッタ?

 

 

オープニングでゴジラ対キングギドラ的な大怪獣バトルは見せられて覚えてるんだけど、あれのどっちかに乗っかって世界が成立しているという事らしいのだけど、イマイチよくわからん。重力は……、下にかかってるのかな。。。。だとしたらやっぱり巨神なり機神は星の上に突っ立って死んでる?(眠ってる)

どうしても地球とか宇宙的な概念でもって想像してしまうんだけど、そういう事じゃないんだよね、きっと。たぶん。

 

【ゼノブレイド 世界観】

とかでググりたい気持ちがヤバかったけど、ネタバレが怖すぎるんで調べれてません。笑

 

さ。進めよっと。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事