イチオシ記事
マツタケは高いから美味い。CDの話。【真夜中の独り言 #9】
スポンサーリンク

 

 

ちょっと前に、車買ったってブログでも書いたんだけども、やっと来週くらいに納車できる模様。

人気で生産追いついてないから時間かかるとは聞かされてたけど、マルっと3ヵ月かかったなぁ。

 

困った事に、新車に乗れる喜びよりも、今の車との別れが寂し過ぎてツライ。

 

なんてったって11年も苦楽を共にしてきた愛車だ。心境としては、ゴーイングメリー号と別れる麦わら海賊団くらいのノリだ。

 

……と、まぁ、そこは置いといて。

 

 

新車のオーディオを、【ディスプレイオーディオ】いうやつにしたんです。

CD入らないんです。

音楽聴くには、スマホからか、USBメモリーから音源をかける感じ。

 

スマホに数曲入れてはいるものの、僕の音楽ライフは車で聴くCDが主だった。

これからは、USBメモリに音楽ぶち込んで聴く。……ので、ネットで購入しようと選び中だ。

 

32GBの容量だと、MP3ファイルで約7300曲入るらしい。

アルバム1枚を15曲で計算すると486枚。

 

すごいけど、なんだろうこの違和感。

 

ここから時代錯誤なおっさんの昔話になっちゃいますが、ありがたみ

 

  • 15曲入っています!
  • 円盤に曲入ってるんす!
  • 円盤をしまうケースまで付いてきます!
  • ケースに絵や写真を付けて個性を高めます!
  • それら全てを複合してCDです!作品です!3000円です!
  • どうだ!隅々までたのしんでくれぃ!

 

1枚1枚がこれで成立していたのに、USBメモリ1つで500枚とか1000枚とか入って完結してしまう。……今これ、世界の常識。

表現が合ってるかわかんないけど、形が雑に大雑把になって、音楽の価値ってどんどん下がってる気がする。

なんか不憫だなぁ……と。

 

ぶっちゃけマツタケってタダのキノコだけど希少だから価値が高まって、みんなウマいウマい言って食べるじゃない。

僕にとって音楽って、そんな感じだった。

 

CDという形が時代遅れになってる現代。ありがたみが消え失せ、

 

音楽 = ただのデータ

 

……っていう感覚に自分もなってしまってるのが、最近たまらなく寂しいんだよなー。

 

 

ああああああ、ヤバイ。懐古厨のおっさんの戯言、ホントにすいません。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事