イチオシ記事
【NHK党】大人の売名に子供を巻き込むな【ゆたぼん】
スポンサーリンク

 

立花孝志、許すまじ

 

〝少年革命家〟でユーチューバーのゆたぼん(12)が23日、東京・永田町の参院議員会館で行われた国政政党「NHK受信料を支払わない方法を教える党」(NHK党)の定例記者会見に飛び入り参加。ネット上で論争となっている自身の〝不登校問題〟で、否定的な意見を寄せた元2ちゃんねる管理人で実業家のひろゆき氏(44)をブッタ切った。

中学生になったゆたぼんが不登校宣言したことに、ひろゆき氏は「子供に教育を受けさせる義務を放棄してる親には罰則が必要」とゆたぼんの父親・中村幸也氏(41)を問題視。ユーチューバーのシバター(35)や脳科学者・茂木健一郎氏(58)らを巻き込み、賛否で激論となっている。

この日、父親とともに国会を訪れたゆたぼんは、NHK党の定例会見を一般傍聴していたが、立花孝志党首(53)から呼び込まれて、登壇。「ひろゆきに言いたいことある?」と水を向けられると、「本当クソだなと思う」とバッサリ。父親に不登校を強要されているとの見方があることにも「(強要されてないよね?)はい。妹たちは(学校に)行っている」と反論した。

記者との質疑応答でも明朗快活なゆたぼんは大人顔負けに即答。「(中学に行かないことを)不安に思うことはないが、(批判されたことに)なぜ、どうしてはある。なぜ、みんなと同じことをしないといけないのか。宿題をしないといけないのか。スタディーサプリというアプリで勉強している。やりたい時にやった方が身につく」と主張した。

このやりとりに立花氏は「ゆたぼんはお父さんの操りというが、大人として対応できる。ポテンシャルは高い」と舌を巻いた。

 

メディアに顔が出て名前が出て認知される恐ろしさは現代社会では常識。小学生のうちから、個人の発言に影響力があるって、一生で考えたらデメリットになる可能性が恐ろしいくらい秘めていて、それを本人が予測するのは不可能。……だって大人だって、できないんだもの。

引っ込みつかなくなって、後悔する時が来たら完全に親の責任。でも、かぶるのは全部本人みたいな事になりかねない。

YouTubeで吠えてるくらいにとどまらず、上のニュース記事でも『永田町に~』などと、どんどん拡大している。

 

なんかこう、大人にいいように担がれて利用されてる感。

 

学校行かないとか、YouTube配信などは、個人の自由だし家族間の話しだったりする。なので、ある程度好きにして~と思うけど、NHK党の人とかが絡んできたなら、ゆたぼんパパは止めてやらないといかんと思う。取り返しつかなくなるかもしれん。

立花孝志さん、NHKをぶっ壊すと盛り上がっていた頃はおもしろがって見てたけど、なりふり構わず使えるものは使うスタイル、やりすぎ。

 

 

ちょっと話は逸れるけど、僕は、小学生、中学生はSNS等、不特定多数に発信できるサービスは禁止した方がいいと思ってたりしてます。(LINEもしないほうがいいと思ってるけど)

間違った発言が永遠に消えずネット上に浮遊している状態なんて、もはや珍しくないわけで。

そういった危険に小中学生のころから晒されるのは、どうかなー、と思うんですよね。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事