イチオシ記事
吉村知事のイソジン真相。僕はうがい薬使うと風邪ひきます。
スポンサーリンク

喉のイイ菌まで殺しちゃうから説

 

 

小学生だった僕、わっかけは、学校のうがいシーズンになると風邪ひいてました。

 

小1~3年時は塩水でうがい、小4~6はイソジンが支給されてうがいしていた。(たしか、ねw)

 

塩水でのうがいの時はなかったんだけど、イソジンでうがいすると、その3~4日後に風邪をひいてたんですよね。

小4、5年の時に風邪ひいて、『これはうがいで風邪パターンだ!』と確信した小6のわっかけ少年は、親に、

『たぶん近いうち風邪ひくよ!』

 

と宣言して、見事に高熱を伴う風邪をひいた。なのでこのエピソードは強烈に覚えていた。

 

それから、

 

 

うがい = 悪

 

という常識が自分の中で定着したのです。

 

大人になってからこの話を披露したところ、

 

『イソジンうがいは、悪い菌もやっつけるけど、いい菌もやっつけちゃうからよくない』

 

 

というウンチクを知人に教えていただいて妙になっとくしたり、京都大学の研究で、『うがい薬、意味ねえんじゃん』って研究結果が出てるの見つけたりで、『うがい薬不要論』は自分のなかで、ますます固まっていった。

 

全国23のプライマリ・ケア医療機関で約190名の風邪患者を募り、抗炎症薬の実薬群とプラセボ群の2群に無作為に割り付けて風邪が治るまで追跡。抗炎症薬で風邪の重い症状は軽減するが、治癒までの期間は延長する傾向が認められた。

で、

 

で、

 

 

ここに来て、ですよ!!

 

コロナにうがい薬効果あり!!?

 

 

 

 

 

 

僕の中では終わっていた製品『うがい薬』が、起死回生の一発!!!

 

……お前、できる子?できる子なのか!!?……と笑

 

 

吉村知事、言い方が誇張気味だし、勘違いされそうな言い方してて軽く炎上してらっしゃるけど、話の内容としては、

 

ポビドンヨード」成分を含むうがい薬でうがいすると、口の中のコロナウイルスが減るから、咳とかしちゃっても人にうつす可能性減るよ。
これ、ある意味コロナに勝てるってことじゃね?

 

 

ざっくり言うとこういう事かと。

 

なので、風邪症状が出てる人は、うがい必須にしたらいいのかもなー、なんて個人的に思ったりしてます。

風邪ひいたら……うがい薬禁の封印……解くか……(あ、品切れで買えないかもねw)

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事