イチオシ記事
『緊急事態なのに五輪!?』は論点がオカシイ理由。
スポンサーリンク

どの目線でオリンピック中止がいいと

 

『緊急事態宣言下なのにオリンピックを強行するなんてけしからん!!』

 

……という論調が大きくなってきているのは、ネット上でもリアルな対人関係でもビッシビシ感じる今日この頃。

 

なんだけど、日本のコロナ患者多かろうと少なかろうと、日本人のリスクってなにも変わらないってのに、実は多くの人が気づいてない気がするのは、気のせい?

 

オリンピックを開催すると、世界中から人々が集まる。

外国人が日本に来て起こるリスクを状況別に考えると、、、

 

五輪開催時の状況別コロナ感染リスク
  1. 世界でコロナまん延 → 日本人感染リスク高
  2. 世界でコロナ沈静化 → 日本人感染リスク低
  3. 日本でコロナまん延 → 日本への来訪者リスク高
  4. 日本でコロナ沈静化 → 日本への来訪者リスク低

 

 

日本は世界を比べると、コロナ患者数はまだまだ少ないほう。そして、封じ込めに成功している国もあるようだけど、今が感染ピークでガンガン感染者出てます!……という国もある。

上の4つでがどれに該当するかと言うと、1と4に当てはまる

 

日本で緊急事態宣言が発出されてる理由は、国内の感染者が増えてるからなので、『緊急事態なのに五輪開催けしからん!!』…は、『日本に来たらコロナ伝染するかもよ!心配です!』と同義で、日本人の心配ではなく、日本への来訪者の心配してる事になる。(いや、それも大事だけどさ汗)

 

とりあえず自国の国民、家族や友人や身近な人の心配する方が先なんじゃないの!?…と思うので、声をあげるなら、

『世界で終息してねえのにウイルス持ち込ませるな!中止しろ!』が正しいと思ったりします。。。

 

 

 

日本の感染者数と桁が違うんですよね……。

どんなに対策徹底しても、実は感染して入国してましたパターンは絶対出るだろうし。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事