pickup
Ewinキーボード壊れた。瞬間接着剤で修理してみる。(Bluetooth 日本語配列 折りたたみ式)
スポンサーリンク

 

 

キーボード逝く。瞬間接着剤で修復を試みる。

 

こんな感じで僕ブログ書いてるんです。なので、日々日々空いた時間にカタカタやりたいんすよ。

タイピング速くしたいという目的もあったので、フリック入力に後ろ髪惹かれながら(大げさ)購入したワイヤレスキーボード。

主に車内で使うんで、使用風景はこんな感じ。ハンドルの上にスマホ乗っけて使ってます。

 

……と、なんか様子が変だ。

傾いて……る?

 

 

うおおおおお!!!!!

壊れとるやないかワレーーーー!!!!!!!

 

購入から10ヶ月・・・。購入レビューにも、ここの接続部弱いから気を付けてって書いてたんだよな。。。。ぐぬぬ。

 

状況としては、

  • 上の接続部が破損した
  • 機能的には問題なく使えてる
  • 下の接続部に負荷かかって近いうちそっちも壊れそう

 

 

Twitterで悲しみつぶやいたら、「やはり壊れやすそうな部分は壊れやすいのだなぁ🤔」というお言葉をいただいた。

ホントそれ。なぜもっと丁寧に扱わなかったのか。(でも雑に使ってたつもりもないんだけどな笑)

保証期間も終わってたのでどうしようもなく、自分で修理することに。

用は、プラスチックが割れただけなので、くっつければいいのだ。

 

ダイソーで硬化プラスチックに使えるハードタイプの接着剤を購入。(キーボードの素材ってプラスチックだよね?汗)

速乾と衝撃に強いの2種類あったけど、迷わず衝撃タイプにしました。

 

雑にハサミで開けたら、接着剤のチューブに穴を開けるという大失態を犯したが、怪我の功名となったかも。

つまようじを使って、チョンチョンつける戦法を思いついたからね。

 

このアクシデントが無かったら、たぶん直に接着剤つけてたと思う。。。

にゅうっと出し過ぎてボタン部分にまで垂れて、ボタン固まって使用不能に……みたいな事になってた気がする・・・。

 

慎重に、慎重に、接着剤をつける。

厚めに塗れるところは集めに塗ったので、乾くのにちょっと時間かかった。

3時間ほど放置した結果。

 

 

 

つきましたーーーー!!!!

やった(*´▽`*)

 

ちょっと見栄え悪いけど、開閉もボタン操作も今まで通り。

快適に使えてます。よかった。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事