pickup
『サブスク貧乏なう。1ヶ月買い切りがデフォを強く望む』真夜中の独り言 #83
スポンサーリンク

 

【サブスクリプション方式とは?】

サブスクリプションは、定額料金を支払い利用するコンテンツやサービスのこと。商品を「所有」ではなく、一定期間「利用」するビジネスモデル。日本ではサブスクとも略される。

 

 

コンテンツに溢れる令和の時代。

Amazonに500円払うだけで(Amazonプライム)映画やアニメや本や音楽がある程度楽しめてしまう現代。サブスクが便利すぎるのはもはや世間の常識になりつつありますよね。

 

ところで、自分がいくつ契約してるかって、把握出来ています?

 

僕、今、ちょっと見失いがだったのです。今、これ書きながら我に帰りました。笑

 

【僕の契約中のサブスク】

  • Amazonプライム
  • Amazon Kindle Unlimited
  • オーディブル
  • PS NOW
  • PS PLUS
  • Spotify
  • ドラクエ10

※ドラクエ10はちょっと違うかもだけど( ̄▽ ̄;)

 

これ、全部合わせると月に7500円くらいwwww

あやや、やり過ぎだwwww

いかん、これはいかん・・・。

 

なんあだかなぁ。贅沢思考がやばい。そもそも、Amazonプライムだけでも全部楽しむとか無理なコンテンツ量なのに。。。そう考えると、完全に買いすぎ。

冷蔵庫に例えるならば、買いだめし過ぎて腐らせまくって毎日廃棄してるイメージ。

1日24時間って、短いですよね。。。

 

ところで、『1ヶ月○○円』と聞くと、加入した瞬間、来月、再来月、1年後も使い続けているイメージが条件反射的に刷り込まれてると思いませんか?

これも、契約するのに心理的なハードルになっている気がするんです。

 

『あ、読みたい本があのサービスのサブスクにラインナップされてる!一ヶ月だけ契約しよう!』

…というノリで契約したいんですよ、僕。

でも、

 

  • だらだら解約できずに続きそう
  • 退会ページが見つけれない

 

このあたりの不安感から気軽に出来ない。

 

だから、むしろ契約時に、

『一ヶ月買い切りです!…自動継続したい場合は都度申し込んでね!』

の方が、ご新規さんやライト層を引き込めていいんじゃないかとすら思ったり。

 

無理がある理論かな・・・。そんな風にならないかぁ。。。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事