イチオシ記事
【コロナ】自粛疲れが限界?飲食店はすぐ閉店した方がいい理由。
スポンサーリンク

 

 

コロナウイルスが終息する条件。

 

たぶんこの2択しかありえない
    • ガーンと大量に感染してみんなコロナ抗体ゲット
    • ワクチンできてコロナウイルスやっつける

 

『自粛疲れが……』などと、各種メディアでたくさん言われているけれども、自粛解除とはどういうイメージをお持ちだろうか?

前みたいになにも気にせずに外出できる生活に戻るのを想像しているとすると、それはおそらくまだまだ未来の話かと。

世界も日本も多くの国が、感染を抑制する方向に舵を切っているので、コロナ感染→抗体ゲットという流れにはならない。

『医療崩壊→死者が出まくり』を回避したので、ダラダラと長引いてしまうのは確定。

 

なので、各国の作戦としては、コロナワクチンができるの待ち。の状態です。

 

ワクチンはいつできるのか。

 

通常、ワクチン開発にかかる期間は4~5年らしいが、『世界の研究機関がみんながんばる』状況にあるので、めっちゃうまく行けば1年~1年半くらいでできる可能性も?

 

……ということらしいです。

 

英オックスフォード大学は21日、新型コロナウイルス感染症予防に向け開発中のワクチンについて、今週中に臨床試験(治験)で接種を開始すると明らかにした。新型コロナウイルス感染症に対しては、米国、中国でワクチンの臨床試験が始まっており、それに次ぐものとみられる。

 

こんなニュースもあったりするけど、重要な点は、

『まだワクチン出来ていない』

これですね。(2020年5月5日現在)

 

 

飲食店とかは店閉めた方がいい理由

 

という理由で、コロナウイルスでお客が激減してしまってどうしようもない・・・という業種は、少なくともあと1年は状況が改善しない可能性が極めて高い。

例え感染が下火になっても、外出時のマスク必須は変わらないし、ソーシャルディスタンス、3密も継続。

そんな中で、『おっしゃ!みんな集まって飲み会すっぞ!』……という状況になるかというと、なりにくいと思われる。

 

『緊急事態解除の、あと1ヵ月辛抱すれば・・・』と、店の家賃、維持費等を支払い続けて近い未来に挽回しようとしている経営者は、早く店閉めた方が損が少ないと思うのです。

ちなみに本記事のタイトルですが、飲み屋さんとががそういう状況なのが多いのかなと思い、飲食店と書かせてもらいました。

 

 

……で、話は変わるが、これ、本当に来年オリンピックやれると思ってんのかな?

森元総理は『再延期はない』って言いきってたみたいだけど。。。

もう、全部4年押しにしちゃうくらいした方が現実的なのではないかと思ったりするのです。(選手目線だとたまったもんじゃないけど)

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事