イチオシ記事
眞子さまと小室圭さんの結婚に反対って人権侵害だろ。
スポンサーリンク

 

お前ら何様やねん

 

眞子さまと小室圭さんの結婚について、なんか、またメディアで騒がれている。

小学校の時に習った憲法を思い出そうとしたけど出てこなかったからググってコピペしてみる。

 

婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない

 

あれ、この憲法24条によると、結婚って、本人たちがしたかったらすればいいんじゃないのか?

 

ニュース見てると、『眞子さま小室圭さんのご結婚問題』

なんですか問題って。

問題なんてねぇよ。好き同士の男女が結婚したいだけだよ。

2人が決めればいい事なのに、周りがギャーギャー言って勝手に問題にしているだけじゃないか。

 

 

話しがややこしくなる最も大きな要因は、皇室の人だってところなのだろう。阿呆の僕だってそのくらいわかる。……ので、ググってみたら、今の時代の感覚では理解しがたい事がポコポコ出てくる。

 

『皇室の人に、人権はあるのか?』

この手の話を論じようとすると、ここまでの前提条件から考えて発言せねばならないらしい。

 

イヤイヤイヤ、んなアホな。

人です。人間です。今は何時代ですか?

 

外国から見たら天皇陛下は、王室の王様ポジションだから、『職業自由に選択しちゃ困るわ・・・。』…と、このくらいまでならギリギリ理解できるんだけども。

 

この件に関してグダグダ言ってる一般人って、アイドルの結婚とかと混同してるのでは?

 

自分で選んだ道で結婚しづらい → しょうがない

生まれた瞬間から行動に制限かかって結婚しづらい → なんとかしてやれ

 

僕はこう思うのだが。

 

 

ググってニュース記事漁ってたら、文春さんがアンケートとってるの見つけた。

 

B. 秋篠宮さまのお言葉のように、多くの国民が納得し、喜ぶ状況になるまで結婚は待つべきだ。

 

これを選ぶ人を、僕は理解できないや。

 

11月13日の「お気持ち」文書発表で、ふたたび注目されている秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(29)のご結婚問題。皇族がどのような人生の選択をするのかについては、象徴天皇制のもと、“開かれた皇室”が宿命的に抱えている重要なテーマだと言えます。

11月13日に発表された「お気持ち」の中で、眞子さまはこう記されています。

《様々な理由からこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております。しかし、私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です

しかしこのお言葉は、父・秋篠宮さまが2018年11月の誕生日会見でおっしゃった「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、婚約に当たる納采の儀を行うことはできません」というご発言とは、相反するようにも見えます。

かたや、妹の佳子さまは2019年3月22日、宮内記者会の質問に文書で回答を寄せられ、「私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています」と述べられました。

眞子さまのご結婚について、みなさんはどう考えますか。次のA~Cの選択肢の中からひとつを選び、あわせてその理由もお答えください。

A. 佳子さまのお言葉のように、 眞子さま一個人としての希望がかなう形が望ましい。
B. 秋篠宮さまのお言葉のように、多くの国民が納得し、喜ぶ状況になるまで結婚は待つべきだ。
C. どちらとも言えない。

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事