イチオシ記事
『あ、オレ奴隷じゃん。』気づいた瞬間【真夜中の独り言 #10】
スポンサーリンク

 

 

間違いに気づくのに遅いなんてことはない。(と信じる)

 

タイムカードを打刻した後に、良かれと思ってやってたこと。

 

  • 誰かのやった間違いを修正
  • 翌日の準備
  • 内線電話に対応
  • 業務時間内にできなかった期限に余裕ある作業

 

わりと、ずーーーっと、何年も。

 

自分自身、なにか突出して能力あるわけでもないし、学も無いしなぁ。

会社に身を置かせてもらってるという意識がどうしてもあって。(日本人けっこうこの思考多い気がする)だから、若干のサービス残業なんて、どうとも思ってなかった。

同僚と楽しく働ければいいではないか。誰かの役に立ってるって素晴らしいじゃないか。親切は親切を呼ぶんだ。そういう職場ってスバラシイ、と。

 

が、

 

会社の方針とか、働き方改革とか、上司が変わったりとか、いろいろあって環境激変。

すっごいわかりやすく、善意を逆手にとって、搾取してくるようになったのだよね。

 

 

自分は単純ヤローなんで、

 

  • 感謝される → やってあげたい
  • 義務化される → やりたくない

 

こうなる。

 

勉強やろうと思った瞬間に母親から『宿題やったのー?』と言われた瞬間やる気が地に落ちるアレに似ている。

 

変な話だけど、1日2時間サービス残業してても働いてる本人が不満に思わなければ、それは成立したりする。

なので、そういう意味で有能な上司って、『すごい仕事量で給料少ないしタダ働き多い、でも職員幸せ。』……っていう環境を作り出せる人だと思うのだよね。(見方変えると、奴隷が、自分の事を奴隷と気づいていない状態とも言えるけど……。切ない)

 

問題点を洗い出し適切な対応をと、習ったので

 

んで、今、自分の感覚でいくと、奴隷感ハンパねえんです。

『オレ、奴隷じゃん。』……て気づいてしまった。

 

 

こんな環境で働いてるうち、前述したマインドで働いているのが急にアホくさくなって、

 

『あー、無理だ』

 

に変わった。

 

 

そこから、自分を変えてみた。

 

  • 自分からは上司に一切話しかけない
  • タイムカード打刻後は秒で立ち去る
  • 時間的に無理な仕事は断る
  • おせっかいはやめた

 

そしたら、だいぶ楽になりましたわ。へへっ。

できない事には胸張って『ノー』と言うようになったんで、一部の人からは、嫌な奴になったと思われてるんだろなーと、ちょっとおもったり。まぁ、しょうがない。全方位外交して得が無かったのだから、修正せねば。あれも欲しいこれも欲しいは無理だ。

 

スキル身に着けようとか、転職しようとか、可能性広げたいって思うようにもなってきたのは、紛れもなくこれが理由なんで、そういう意味で感謝しなきゃなぁ・・・www

 

うし。がんばろうっと。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事